ふじみ野ライフ

ふじみ野ライフはふじみ野市・富士見市の施設や店舗情報、ふじみ野の時事ネタを紹介するタウン情報サイトです。

手掌多汗症とは

手掌多汗症とは、緊張・不安などが原因となって交換神経に不調を来たし、掌から異常に発汗する疾患。
交換神経は、自律神経の一部で新陳代謝を活性化する機能を持っており、この機能が常に高まっている状態になる事で、エクリン腺が活性化して大量発汗を起こしてしまう事が、手掌多汗症の原因。

また就寝中の発汗量は少ないのが特徴。
この発汗は体温上昇とは関係なく、症状が酷い場合は、滴り落ちる程の汗が出るため、日常生活に支障を及ぼす場合がある。
一般的な支障とは以下のような問題である。

・書類が汗でヨレヨレになる
・マウスがヌルヌルになる
・人と握手ができない
・好きな人と手を繋げない
・いつもタオルが手放せない

手掌多汗症で一番悩ましいのは、人から気持ち悪がられる事で、自分に自信がなくなり、コミュニケーションに消極的になる事である。
また、たかが汗という周囲の無理解が原因で何ら治療が行われず、本人は悩みを抱えたまま成長するケーズが多い。

手掌多汗症治療は、一般的に制汗剤の使用やボトックス注射、ETS手術などがあるが、単に症状を抑える効果しかなかったり、掌からの発汗が止まる代わりに代償性発汗を起こしたりと、これらの治療では完治は困難である。

手掌多汗症治療


  • Sponsored Links