ふじみ野ライフ

ふじみ野ライフはふじみ野市・富士見市の施設や店舗情報、ふじみ野の時事ネタを紹介するタウン情報サイトです。

五十肩を改善するにはストレッチ

五十肩とは、正式名称を肩関節周囲炎といい、30代から60代にかけて起きる肩関節が激しく痛む疾患です。
最初の内は、肩関節を動かす際に痛む程度ですが、酷くなるにつれ何もしていなくても痛み、夜も眠れない程になる場合もあります。
また痛みだけではなく、運動障害も合わせて起こるのが特徴です。
やっかいな事に、この運動障害は五十肩の痛むが引いた後にも残る事が多いため、五十肩が発症した際には、注意が必用です。

これは肩関節の炎症時に、周囲の組織が癒着する為ですので、痛みを解消するだけではなく、運動障害が残らない治療法を行う事が重要です。
五十肩の原因は、完全には解明されていませんが、肩関節は人間の関節の中で最も稼働範囲が広く、複雑な構造になっている為、筋肉や靭帯の老化が進みやすい事が原因と考えられています。
運動不足や、夏場のエアコンによる肩の冷えが、老化を加速させているという説もあります。
肩が老化した状態で、普段行わない動作が引き金となって五十肩を発症するケースが多いようです。

五十肩 治療としては鎮痛剤の服用、局所麻酔、外科手術などがあります。
私の妻も五十肩を患っていますが、正直鎮痛剤は効きません。
整形外科では、痛みが激しい場合は局所麻酔を進められますが、長く効果のある方法ではありませんので、その場しのぎなのは否めません。
外科手術は効果を期待できますが、入院が必用になる為、最後の手段と言えるでしょう。

私のよく行く整体院で聞いた話だと、坐骨神経痛と五十肩は、整体院に通ってこられる方の多くを占めているそうで、皆さん苦しんでおられるようです。
無理のない、正しいやり方のストレッチは、かなり効果があるとの事ですので、手術を行う程に五十肩がひどくなる前に、少しづつでもストレッチで身体を根本から改善しましょう。

五十肩ストレッチ


  • Sponsored Links